HOME > BLOG > アーカイブ > 2016年7月

BLOG 2016年7月

舌は敏感 味覚は鈍感?

人の味覚はあいまいなものである
体調によっても味の感じ方なんて全然違うし
好みによっても当然変わってくる

以前勤めていた職場でパスタを作らせてもらっていた時
シェフはこう仰った
「(パスタの)ゆで湯を毎日味見しなさい」

規定通りの湯量に
既定の塩
ただのしょっぱい湯だ

同じ味がするに決まっている(笑)
もちろんそう思ったし
そう思いながら続けた
続ける必要性を感じれず
途中でその行為をやめてしまっていたならば
料理人すら続けられていなかったと思う

どれくらい経ったかは覚えてないが
味見をし続けることしばらく
日によって塩分に違いを感じるようになる
もちろん湯量 塩分濃度はそのまま
ようやく味覚の感じ方に違いがあることに気づく

味の変わるはずのないものに
感じ方の変化が訪れる
それからと言うもの
塩加減や甘さの調節など悩むことが減っていった
味覚は鍛えられる

凡人が言うのだから間違いない

1

« 2016年6月 | メインページ | アーカイブ

このページのトップへ