HOME > BLOG

BLOG

舌は敏感 味覚は鈍感?

人の味覚はあいまいなものである
体調によっても味の感じ方なんて全然違うし
好みによっても当然変わってくる

以前勤めていた職場でパスタを作らせてもらっていた時
シェフはこう仰った
「(パスタの)ゆで湯を毎日味見しなさい」

規定通りの湯量に
既定の塩
ただのしょっぱい湯だ

同じ味がするに決まっている(笑)
もちろんそう思ったし
そう思いながら続けた
続ける必要性を感じれず
途中でその行為をやめてしまっていたならば
料理人すら続けられていなかったと思う

どれくらい経ったかは覚えてないが
味見をし続けることしばらく
日によって塩分に違いを感じるようになる
もちろん湯量 塩分濃度はそのまま
ようやく味覚の感じ方に違いがあることに気づく

味の変わるはずのないものに
感じ方の変化が訪れる
それからと言うもの
塩加減や甘さの調節など悩むことが減っていった
味覚は鍛えられる

凡人が言うのだから間違いない

ピッツァ専門店

PIZZERIAの屋号通り
ピッツァ専門店
パスタはないの?
なんて聞かれるけど(ええ感じに)作れない物は作らない
自分がいいと思うものを提供するだけ

ピッツァはナポリを意識してるけど
ナポリでピッツァを食べたこともなければ
行ったこともない
ナポリピッツァを出してるつもりもない
今まで教わったことや
今まで食べたもの
今までの経験を活かして
美味しいと思うピッツァを焼く

完成されたものに寄せていても
追い越すことは出来ない
自分だけのピッツァを提供する
ただそれだけ


自分のええ感じが
誰かのええ感じになればいい

ピッツァは早い ブログは遅い

HP作成会社からブログの更新頻度が遅いと怒られた(笑)

SNSであるFacebook
個人アカウントはもちろん
HARUのアカウントもある
個人アカウントなんて最後にあげたのはいつだったろう
HARUは営業日に限るが毎日更新する
店舗の事だったり
最近食べたお菓子だとか
どこどこへ行ったとか

起きてから寝るまでほぼ店舗にいてると
こういったネタを作るのに苦労する
仕事が終わってから何時間もパソコンとにらめっこしてることも多い
気分転換にYouTubeを観るとすごい時間が経っている
もちろんFacebookは書き終えていない

こんな事を繰り返しながらでも
一日たりとも欠かせず更新するのは
仕事だと思ってるのだろう
はやくブログも仕事にせねば

石窯の上にも3年

Pizzeria HARUをオープンしてついに3年
飲食店を経営するにあたって
第一チェックポイント通過というところであろうか
ペース配分もなにもなくよくここまで来れた

小さい頃から何となくお店をしたいと思ってた
ケーキ屋
おもちゃ屋
飲食店で働こうと思ったのは高校くらい
特別料理が好きなわけでもなく
なんとなく
としか言いようがなかった

″理由なんか後からついて来る″

飲食・サービス業に携わって15年
今思えば人と接したかったんだと思う
口下手で恥ずかしがり
今の僕しか知らない人は想像もつかないであろうくらい
引きこもり系(笑)
とにかく家が大好きだった
そんな気持ちとは裏腹に
もっと友達と遊びたい、増やしたい
ジレンマである

お店をすれば否応なしにお客さんがやってくる
どう接していいか手を拱いていても向こうからやってくる
究極の受け身の完成である


明日も明後日も
誰かが来る

ええ感じのブログ

Facebookで宣言した通りHP内にてブログを連ねることにしました。

まぁ差しさわりないことを書いてもつまらないんで
素の大南をさらけ出していこうと思います。

まずはご挨拶まで。
ではまた。




ホームページをリニューアルしました!

サイト公開しました。 今後もPizzeria HARU(ピッツェリア ハル)を宜しくお願いします。

1

アーカイブ

このページのトップへ